看板の無い、カイロプラクティック治療院

国内でも約600人程度しかいない、カイロプラクティック専門学位を持つ国際基準のカイロプラクターの治療室。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネックレスって頭痛の原因になりますか・・・?②

j0438747_R.jpg

前回のお話の続きです。


頭痛が出始めた当初は、仕事で役割が変化し、非常に多忙だったとの事でした。
そこで、仕事の変化をイメージしてもらい、神経筋反射検査を行いました。

しかし、筋力は正常に発揮され、体がその環境をストレスとして認識している様子は見られませんでした。


他に変わったことが無かったか聞いてみると、誕生日に
恋人からネックレスをプレゼントされたそうです。

今までにネックレスの習慣は無く、
はじめは違和感があったが、今ではほとんど無いそうです。

ネックレスを意識してもらい、神経筋反射検査を行うと、
筋力は発揮しにくく、この環境で脳がストレスを感じていることが見えてきました。

恋人から頂いた贈り物
自分で意識しない部分で、色々な気持ちを持っている筈なんですよね

一つ一つ潜在的な気持ちを意識にあげてあげて、
その環境でも脳が緊張状態を生まないように、
心のストレスをクリーニングしていきます


合計4回の施術で、
慢性的な頭痛の症状は改善されていきました

その後、継続的に2週間に一度のメンテナンスを受けるようになって、
腰痛や肩こりといった症状も改善し、
月に一度のメンテナンスに移行しました


意識が、さまざまな症状を生んでしまう事って、
臨床的によく見られるものなんです




スポンサーサイト

| 症例報告 | 13:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネックレスって頭痛の原因になりますか・・・?①

j0423044_R.jpg

今日は、心の影響が症状に大きく関連していたと思われる、
比較的わかりやすい症例をご紹介したいと思います。

昨年から頭痛を感じるようになり始めた
男性が今回の患者さんです。

目の奥のうずく様な痛みや、
こめかみ付近のズキズキする様な痛みを頻繁に感じるようになりました。

病院の検査でも異常は無く、
頭痛薬を処方されて経過を見ている状況でした。


当院の問診検査からも症候性の頭痛の疑いは極めて少なく、
機能性の頭痛であると判断されました。


初診時に、頭痛症状が強くでていましたが、
神経機能を整えるアクティベータ療法で神経系の機能異常を改善していくと
症状が緩和されていったので
”血流障害”が頭痛症状を生んでいる事は間違いなさそうでした。

この方は、なんで神経機能異常が起こり、血流障害が生まれ、頭痛症状が出てきたのか?

そのメカニズムを、問診や神経筋反射テストで原因を探していく事になりました。


次回に続く。

| 症例報告 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

股関節の痛み

30歳代の男性の股関節痛のケースを紹介します。


デスクワークなのですが、
疲労が蓄積すると
足の付け根、股関節の前面に痛みが出る状態でした。


股関節付近には、こんなにも沢山の筋肉が付着しています。
レントゲンで筋肉までは映らないので、
筋肉から起きている痛みの場合には
病院にいっても原因が分かりません。


hip-joint_muscle.jpg


本ケースでは、PsoasMajor(大腰筋)という筋肉に問題があり
その付着部である股関節に痛み症状が出ている状態でした

この大腰筋の問題がどこから起きているのかを
検査から導き出して、治療を施していきます。

神経機能の調整
経絡バランスの調整
痛みに関連した心理的ストレスの調整

この3つのケアで、
症状はだいぶ治まり、
術後の検査では、痛みの再現はみられず、
異常所見のでていた検査も全て陰性となりました。


この様な筋肉の問題は、病院では原因が判断できず、
つい治療が長引いてしまう事が多々あります

レントゲンで分からない問題の方が実は多いんですね







| 症例報告 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【症例】 お腹の膨張感と便秘の施術

今日の症例は、

お腹の膨張感と便秘、
という症状に悩む女性のケースをご紹介したいと思います。


ここ数カ月、
お腹の膨張感と、便秘が続いているとの事。


腹部の触診では、
腹央部、左下腹部に強い圧痛があります。

お腹が張って、便秘気味な感覚のイメージで、
筋力が変化する反応が診られます。


腹部の触診からみられた異常な感覚から、
症状の原因を、筋力検査をつかって反応を見て行くと

肝経、脾系、心包経の3つに、
機能異常(エネルギーブロック)が確認されました。

ひとつずつ、機能異常の問題を見て行くと

肝経では、友人関係に関するストレス
脾経では、自分と湿度に関するストレス
心包経では、自分とウィルスに関するストレス

などが、見えてきました。

これらのストレスは、良い/悪いで判断する事では無く、
この様な環境で適応力が発揮できない状態になっている様です

これらの環境で、自律神経系が過剰に働き、
血流障害を局所的に起こして
痛みに敏感になったり、強張ったり、
といった様々な反応を起こすのでしょう。


この様な環境で、自律神経が過剰に働かなくてもよい様に、
これらのストレスをクリーニングします。

施術すると、段々と体の緊張がほぐれてきました。
異常な自律神経系の興奮がおさまり
血流が改善してくるのでしょう

腹部を押圧しても、次第に痛みが解消されて行きました。

膨張感や便秘のイメージでも、筋力がしっかりと働けるようになりました。

お腹の膨張感もだいぶ和らいだ様です。


様々なストレスが、体の機能を低下させて、
適応力を弱くしてしまうんですね

ただ単に、術を施される治療だけでなく、
術者と患者が共に症状解決にむけて術を施す
これって、最高のケアだろうなぁ、といつも思います。








| 症例報告 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お尻の痛みと、膝の裏の痛み

こちらで腰痛が治ったので、この様な痛みは、ココで治ると思って来ました。
そう言ってもらえて、嬉しかったです。


40歳代 会社員 お尻の付け根の痛みと、膝裏の痛み。

以前、腰痛で来られていた方

久しぶりに来られたら
なんか歩き方がオカシイ・・・・。


数日前から
お尻の付け根と、膝の裏が痛いとの事

歩くときは、お尻の付け根が痛いし
屈んだり、座ったりするときには、膝の裏が痛い

そんな症状でした


腰周りの筋肉の働きと
膝周りの筋肉の働きを確認して

機能が低下している部分がいくつか確認できました


機能低下を改善させるケアを施して行くうちに
次第に無駄なチカラが抜けて
身体の柔軟性が戻ってきました


20分のケアの後
再確認してみると
歩行の時のお尻の痛みや
座った時の膝裏の痛みが9割がた改善していました


即効するケースは
驚きが半端ないですね

治療しているこちら側も
人間の回復力にほんと驚かされます


直ぐに改善する人
中々改善しない人

改善の仕方も、ひとそれぞれ、その時々な事に、
改めて気付かされます


健康になるのには、焦らずコツコツが一番確実だと思います
痛みが無い方でも、コツコツ治療を受けている方は、
日常生活を脅かすような重篤な痛みに陥る方って、いないですからね。








☆ブログランキングに登録しています。☆
有益な情報を発信して行きますので、応援クリックを頂けたら嬉しいです♪


にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ にほんブログ村 病気ブログ 首・肩・背中・腰の病気へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ



横浜市で、
整体マッサージ骨盤矯正カイロプラクティックなどの
治療院をお探しの方
[国際基準]ファインカイロプラクティック横浜・関内
finechiro-add-blog.jpg
腰痛肩こり頭痛首の痛み背中の痛み生理痛坐骨神経痛
椎間板ヘルニア手足のシビレめまい耳鳴り関節痛慢性疲労
自律神経失調症グロインペインスポーツ障害変形性関節症
顎関節症五十肩・スポーツ障害・アキレス腱炎オスグット
足底腱膜炎ルーズショルダー各種アレルギー症状
などでお困りの方は、お気軽にご相談下さい






| 症例報告 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。